A工場が抱える現状

ホイストを使っての人力による回収作業
A工場ではプレス工程時に排出される抜きカスを、プレス機下部に設置した容器で受け、定期的に作業員が巡回し、容器を回収を行いホイストで回収を行っていた。

これにより、改善前は日に6〜8回の回収作業が行われ、日に1時間ほどの作業時間を必要とした。




A工場が主とする現状の問題点

○抜きカス回収のため停止するプレスの時間短縮。
○ホイスト作業から事故無いように安全確保。


弊社ではこれをマグネット使った搬送機を使い対処することに成功した。